美味しいカニを選ぶならの「堅がに」

カニの寿命はタラバガニで約30年、ズワイガニで約20年、毛がにで約15年と言われています。
この間、かには何回も脱皮を繰り返しながら大きくなっていきますが、脱皮間もないかには殻が柔らかくブカブカで身もスカスカです。
これは、どんなに大きく成長しても脱皮後は同じような状態で、このようなカニは、脱皮がに、若がに、二枚がにと呼ばれ市場でも安価で取引されるので、大きい割には値段が安いカニは要注意です。
逆に、脱皮から時がたつにしたがい、身が詰まったズッシリと詰まって重くなり、このようなカニは「堅がに」と呼ばれ、とても美味しいわけです。
その見かけ方は、殻を指で押してみると柔らかいか堅いかすぐわかります。カニはこの「若がに」と「堅がに」を繰り返しています。
また、大きくなりすぎたカニも大味になるので、ちょうど中間くらいのカニ、人間で言えば青年から中年くらいのカニが一番美味しいのです。
甲羅にフジツボやカニビルの卵が付着しているカニも「堅がに」とみて間違いありません。
なぜなら、これらは、堅いモノに付着する生物であり、脱皮から時間が経ったという証拠でもあります。見た目はともかく、付着物が多いカニの方が美味しいのです。身詰まりの良い「堅がに」だけを厳選して販売しているかに通販サイトを選んで購入すれば、美味しいかにを味わうことが出来ます。
カニ通販サイト比較&ランキング