ペット保険加入の流れ

ペット保険の加入にあたっては、まず、加入する前に、資料を請求するところから始めます。
資料を請求する方法としては、ペット保険を取り扱っている代理店で資料を入手する方法、ペット保険ランキング上位のランクされている、口コミで評判のいいペット保険取り扱い会社へ直接請求する方法、雑誌等で取り上げられている有名なペット保険取り扱い会社へ「はがき」で請求する方法、「ペット保険一括資料請求サイト」を使って資料を請求する方法などがあります。
その後、加入する保険会社を選びだすことになりますが、ここで、注意しておきたいことは、自分が今、飼っているペットのことを十分に把握し、そのペットに合っている保険を選ぶことです。
加入する会社を決めたら、同封されている申込用紙・告知書(一緒になっている)に必要事項を記入します。中にはインターネットで加入申し込みできるところもあります。郵送後、同封した申込用紙・告知書と健康診断書などの必要書類をもとに、加入審査が始まります。
加入審査は、通常、資料についている申込用紙・告知書のみで済みます。一定年齢以上などの場合は、動物病院へ行って健康診断を受けて、その診断書を提出することもあります。
告知書の内容は、現在治療中の病気・怪我があるか、過去の病歴、予防接種の日付、先天性異常(生まれる前からの異常)の有無などがあります。
これらを自己申告という形で記載し、報告します。もし、虚偽の報告をした場合は、保障金が受けられなくなります。注意しましょう。
加入審査に合格し、掛け金の納入完了後、無事に正式加入となります。ただし、加入当初は、待機(免責)期間内にあたるため、保障期間適応外となります。各ペット保険・共済会社によって期間が異なるため、注意しておきましょう。待機(免責)期間を経過後、ようやく保障が開始されることになります。
保険スクエアbangの【ペット保険資料一括請求】で楽々比較♪