保育士の採用動向

保育士は、国家資格であり、主に保育所や保育施設で児童の保育を行う職業です。かつては女性のみが従事していたため「保母」と呼ばれていましたが、男性従事者が増えてきたことにともなって、保育士に名称を変更しました。
保育士の資格を取得するには、厚生労働省指定の養成施設を卒業する方法と、保育士試験に合格する方法の二種類があります。
現在、少子化の影響で子供の数は少なくなっていますが、女性の社会進出が進んだり、厚生労働省が推し進めている「子供・子育て応援プラン」によって、保育施設の拡充が進められております。そのため、それに伴う保育スタッフの募集も非常に増えており、将来的にも有望な職種であり、資格があれば、実務経験がなくても働ける保育士の求人も多数あります。保育士の転職サポートサービスを利用すれば、専任のコンサルタントが責任を持ってサポートしてくれます。まずは、無料会員登録をクリックして登録し、あなたにぴったりのお仕事を見つけて下さい。
ほいく畑は、【厚生労働大臣認可】の保育士転職・求人サービスです。