事業資金融資の注意点ー保育士の悩みー

事業資金として融資を希望するに当たっては、公的融資で使えるものはないかを調べてみるといいかもしれません。公的融資で事業資金を確保する方法が日本には多く、低い金利での融資を受ける方法も色々とあります。ただし、公的融資での事業資金は低金利で借りることができますが、審査に時間がかかるという欠点があります。もともと新規事業の支援のために、公的融資による事業資金の調達ができるようになっていますので、新規でない時は審査をパスしないことがあります。すでに開業している会社が事業資金を融資してもらいたい場合は、直近の決算書を提出しなくてはなりません。経営が厳しく、すでにかなりの負債を抱えているような会社は、事業資金の融資は断られることもあります。担保がなければ、希望する事業資金を融資されないこともあります。事業資金を借りる時には、代表者の融資状況を確認されることがあるといいます。もしも、ノンバンク系の金融会社から事業資金の融資を受けたいという場合は、審査は2、3日程度で済むことが多いようです。金融会社の中には、審査には一時間程度しかかけないところもあります。審査が銀行系よりもずっとスピーディに済むために、すくに事業資金を確保することができるでしょう。ノンバンク系は金利が高く、借りられる金額も少ないのでまとまった金額を借りたい場合には不向きです。事業資金の融資を受ける際には金利や融資条件を事前に確認しておくことをおすすめします。

保育士 オープニング