保険乗り合い代理店 どういう仕組み?

ライフネット生命、アドバンスクリエイトの「保険市場」店頭で保険商品販売

中立的な立場での保険商品の提案をうたっている乗り合い代理店ですが、結局、下記のような記事にあるように保険会社とのつながりがあるんですよね。

【記事】

ライフネット生命保険は12日、資本業務提携を締結しているアドバンスクリエイトが運営するコンサルティングプラザ「保険市場」の店頭窓口において、同社保険商品の販売を開始した。

従来から、ライフネット生命では、「相談して保険を選びたい」という顧客の要望に応えて、同社の保険プランナーに対するPCやスマホでの相談や電話相談に加え、提携保険プランナーによる相談、対面代理店での販売など、さまざまな無料保険相談サービスを用意し、インターネットでの申し込みをサポートしてきたという。

上記は、保険会社の顧客満足の取組みとしては素晴らしいですよね。あらゆる面でややわかりにくい保険という商品をオープンにしていくということは。

まあ、資本業務提携をしている代理店「保険市場」で今までライフネット生命の保険商品を取り扱ってなかってところは不思議なくらい。ネット上のメディアサイトでは販売していて店頭の「保険市場」では扱いがないってちょっとおもしろいですよね。

これでライフネット生命としては、自社の保険商品の販売チャネルが広がってよかったです。

「保険市場」はまあ、資本提携しているからその会社の商品をお勧めにいれてはくるんでしょう。

それを分かって相談にいかないといけませんね。