黒ずみ対策でやってはいけないこと

脇の黒ずみはできていても嬉しいものではないので、できるだけ早く改善させたいものです。なのでいろいろな所で黒ずみに効果のある方法を調べて実践しているかと思いますが、中には実は黒ずみ対策ではやってはいけないことだったりするものもあるので自分の試している方法が間違っていないか確認してみてください。

有名なものはやはり爪やピンセットといったもので角栓を除去することではないでしょうか。この方法は多くの人がやっていることなので自分も試したことがあるという人が多いかもしれません。ですが、実際は肌を傷つけてしまう場合もありますし、自然に取れるまで待たないとさらに悪化することもあるのでやめましょう。

この他にもごしごし擦ったり必要以上にすすいでしまうのも良くありません。こういったことは肌を傷つけたり必要な皮脂まで落としてしまうこともあるので気を付けるようにしてください。

また、毛穴パックで角栓を取り除くのもあまり良くないようです。たまにやる程度なら良いですが頻繁に毛穴パックをしていると皮脂や角栓だけではなく角質まで取れてしまう場合がありますし、開いた毛穴にさらに汚れが入り込んでしまう場合もあるので使う時は回数やその後のスキンケアの方法を考える必要があるかもしれません。

黒ずみを早くなくしたいからといってあれこれやってみたり無理に取り除こうとするとかえって悪化させてしまうようになるので適度に少しずつ改善させていくようにしましょう。