最近アイロンがけが習慣になってきたこと

暑い日が続き、衣類は綿のものがいいと個人的に思っています。
ポリエステルの方が乾きやすく今は汗をよく吸う衣類もたくさん出ているのですが、綿の服の方が落ち着きます。

洗濯をした後また着たいと思った時に、これはアイロンをかけた方がいいのではないかと思いました。
いやというより、かけなければいけないのではないかと気付きました。

駅付近を歩いていますと今は形状記憶のシャツも多く、特にアイロンを使用しているといった感じのシャツを着ている人はそれほど多くありません。
しかし、やはり洗濯後にアイロンまでを手がけた服装というのは見ていてもとても気持ちがいいものです。

そうしたわけで半ば仕方なくではありますがアイロンを出し、シャツのアイロンがけをしました。
このアイロンがけ、習ったのは小学校の家庭科だったと思います。

しかし、前みごろのアイロンがけはまあできます。
襟もクリアです。
しかし、袖の部分やら後ろの部分というのはどういった手順だったかをすっかり忘れてしまいました。

いつも、まあこんな感じかなというくらいで済ませているのですが、クリーニング屋さんのようにぴしっとしたアイロンがけができたらいいのになと最近思い始めています。
バレンタインバイト