シニカルに構えたくなる

民主党はいまもってよくわからない点があるから、党全体の方針としてもっとはっきり打ち出して欲しい気がする。

あと、感心したのは、岡田さんが有権者の良識や意識の高さをとても信じていることだった。
選挙区で数え切れないほど市民との対話を繰り返してきたそうで、そうした体験に基づいて、日本の民主主義の成熟と意識の高さを確信しているという。
私だったら、小泉劇場型政治などを見ていると、政治家でもないのにこの国の多数有権者には馬鹿馬鹿しくて付き合いきれない感じを持って、シニカルに構えたくなるし、現にそうだけれど、あんだけいろんな無念な思いを呑みながら、有権者を信じ続けているというのは、たいしたものだと思う。
そういうのが、政治家としてのパソコン教室 横浜
資質というものなのだろう。
私は、ぜんぜん有権者の良識や意識の高さというものを信じられず、きわめて懐疑的なので、まったく政治家に向いていないとあらためて思った。