羽生名人のひらめきはどこから生まれるのか

◆人はだれも「ひらめき」を使っている
 ひらめきで物事を解決しているのは、なにも将棋のプロ棋士だけではない。漁師も長年の経験から得たひらめきによって、その日の天気や潮の流れからどこで漁をするか、決めている。医者もひらめきで、患者がどの病気なのかを判断している。患者を目の前にして、すべての病気の可能性をしらみつぶしに調べていたら、その間に患者は悪化してしまう。
 またわれわれ研究者も、ひらめきでどの研究をすべきか判断している。世の中にわかっていないことは無数に存在するので、真面目に選んでいたら一生を終えてしまうだろう。さらには専門家でなくとも、人間は日頃から多くのことをひらめきに基づいて判断している。たとえば今日の昼食をどこで食べるかを熟考していたら、昼休みが終わってしまうので、ひらめきで決めている場合が多いはずである。

◆「ひらめき」における一般人と超人
 このように人間はかなり多くの場合に、ひらめきでものごとを判断している。
オイシックス おせち