霞霏霺

機密の暗号情報に万葉仮名を取り入れれば、案外使えそうな気もする。
エニグマに解読されずに済んだような気もする。

そういえば、万葉仮名には、「霞霏霺」と書いて「かすみたなびく」と読ませる場合があると、昔高校のころに知ってずいぶん感心したことがある。

将来暇になったら、万葉仮名にはまってみるのも面白いかもなぁ。
「やすみししわが大君~」の内容はこれを読んだだけでは
あまり理解できませんでした^^;;
日本語って難しいですね
万葉集はなかなか難しいですよねw
それを、いろいろ現代語訳や古語辞典を参照しながら読解し、想像力を膨らませるのも、楽しみのひとつかもしれませんね^^

柿本人麻呂も、「十六」と書いて「しし」と読ませたりするところを見ると、この歌も、何よりも「遊び」の心があった歌だったような気がしてきます^^
へぇー、「しし」なんですね。

同じ十六にちなんでですが、

統合失調症の下位分類に、比較的低年齢に発症する
「破瓜型」という病型があります。
京都 浮気調査