意外と多い家庭の食中毒

食中毒の季節になりましたが、家庭での発生もとても多いそうです。
あまり表面に出てこないため、家庭での食中毒は問題となりませんが、実は飲食店よりも多いのかもしれません。
誰でも一度は家庭で食中毒のような症状を経験した事はあると思います。

食中毒は気温が高いと起こりそうですが実際は梅雨時期の他にも秋のほうが菌も繁殖しやすくて発生が多いそうです。

若いなら良いのですが、年齢が上になるにつれて免疫力も低くなり、食中毒で大変な事になる場合だって有るようです。
まずは、手洗い、まな板や包丁をしっかりと除菌することが大事だと言われているようです。

また、意外と多いのが冷蔵庫に入れていて菌がついてしまったケースです。
冷蔵庫は冷えているから安全と思ってしまいますが、実は多くの菌が存在しているようです。

中には加熱しても壊れず、冷凍しても壊れ難い菌もあるようなので、冷蔵庫や冷凍庫を過信しない事です。
一番は新鮮な状態で早めに使い、早めに調理して食べる事ですね。
看護師 職場