日本のあちこち

昔、私が小学生の時、担任の先生が話してくれたのですが、その担任の先生が新潟の山奥の学校で働いていた時に、ある教え子が家に読んでくれて、古い民家だったそうなんですが、先生にだけ見せてあげる、ということで屋根裏のようなところに連れて行ってくれて、そこに大きな菊の御紋があったそうです。
なんでも、安徳天皇(と聴いたような気がしますが、ひょっとしたら他の薄幸な天皇だったかもしれません)がそこで過ごしておられたとか。
日本のあちこち、けっこうそういう話がありますし、中にはある程度、なにがしかの真実を伝えている話もあったかもしれませんよねw
樹木からは枝が宝石のとばりのように垂れています、
(浄土への往生を願います)

それらの樹木は、三十万ヨージャナ(約千八百万キロメートル)もずらっと並んでいます、
(はかりしれない喜びよ)

根や茎や枝や葉っぱは、七つの宝が混ざってできています、
(浄土への往生を願います)

ひとつひとつの宝から無数の光が流れ出ています、
(はかりしれない喜びよ)

浮気調査 大阪