FXの落とし穴に気をつけろ

リスクがあることは十分に意識しよう

 FXの諸機能と、その優位性には注目できるものがあります。

しかし、まだまだFXは新しい商品。なじみが薄く、商品性の理解が十う分に浸透していないことから、トラブルが多発しているのは事実なのです。
 ここ数年は一部業者の倒産も相次いだことから、イメージがよくなっているとはいい難い状況です。改めてFXのリスクを確認してみましょう。

①レバレッジのリスク
 FXは少額資金で大きな資金が動かせるレバレッジ効果が魅力ですが、これは諸刃の剣で、大きな損失を被る可能性もありまず。
 業者の中には100倍というレバレッジを選択できるところもあります。当然、相場が予想と逆に伺ったときはとてつもない損失を被ります……。証拠金残高が大きく目減りした場合には、業者から”追証”と呼ばれる追加保証金を請求されます。一般的には残高が最低額を50%以上割り込んだ場合に追証が求められます。ゆえに損切りなどリスク管理は十分に行っておくべきです。

②24時間取引のリスク
 相場は常に動き続け、予想だにせぬ展開となることも多々あります。株のように時間が決まっていない点が逆に災いして、眠っている間に相場が大変動し、損することもあります。

③相場リスク
 株や債券はある程度ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)によって説明できる部分が多々あります。しかし、為替は政治的要因に非常に重きが置かれる世界です。政府高官や日銀の思惑でレートがすぐに変動するのです。外為市場のマネーは大半が投機資金。為替の世界は”常勝将軍”がいないといわれ、理屈で動かない世界でもあるのです。為替は株より難しいのです!
 為替は確かに銘柄が少ない市場ですが、政治、金利、株などあらゆる市場動向と複雑に絡んでいます。投資を始める前にしっかりと勉強しておくことをおすすめします。
FX 初心者 基礎知識