洗顔料の種類と効果…

普段使う洗顔料の効果と言うと…意外に知られていないものです。

洗顔はスキンケアの第一歩であり、基本とも良く言われますが、洗顔の目的はお肌の汚れを落とす事です。 脂分やメイク、空気中の付着した汚れなどを落とし、古くなった角質も同時に落とします。

洗顔料に求めるべき効果は、お肌を洗う事と古い角質を除去する事。 植物由来のものや、動物由来の物、化学合成されたものなど…実に様々です。 角質の除去には、クエン酸や乳酸・炭酸などの酸性の物が良く使用されます。 タンパク質を柔らかくする効果があるからです。

洗浄力は、含まれる成分や量によってもかなり異なりますが、洗浄が強すぎると、逆にお肌を痛めてしまう結果になってしまいます。

洗顔後にお肌がツッパル用であれば使用をすぐにやめて、もう少し洗浄力の弱いものに交換しましょう。

保湿成分も十分に含まれたものが理想ですね。 単に洗浄効果のみならず、洗い上がりのシットリ感も損なわない様な洗顔料がベストだと思います。