一歳児のものの伝え方の面白さ

一歳も半年を過ぎると、あれをしてほしいという
他の人に何かをしてもらいたい!という感情が豊かになってくるようです。

しかしまだまだ言葉にして上手く伝えられないので
言葉にジェスチャーを加え精一杯私たちに伝えようと努力してくれています。

成長を見守る親としては、子供の言葉や行動である程度のことはわかってあげられますが、
たまに何を要求しているのかがわからないときがありますね。

そういったときの子供の反応としては
諦めたり、要求をし続けたり、泣いてしまったりするわけです。

わが子に関して言えば、
泣いて、怒りながら要求を続けます。

子供には悪いのですがその姿がとても面白くてたまりません。

結果、とてもつまらない要求のこともあります。

なかなかわからないときもありますが、めげずに伝えようとするわが子を
私は見習いたいと思います。

一歳児のものの伝え方といえば【指差し】なのですが、
指差しだけでは伝えきれないものも多いですし、これから成長するにつれ

やはり言葉も必要になることも多いですね。
どう成長してものを伝えようとするのかとても楽しみです。

婚活カップル