図書館に昔の先生がいた

今日は図書館に行きました。自分の場合は、以前は本をお金を出して買っていましたが現在は買っていません。

何故なら、本を買っても読まないことや一度読んだだけで終わってしまうこともあるからです。

さらに、本と言えども一回買うと1000円とか平気でかかります。

さらに家に本が溜まって言ってしまうなどの問題もあります。ちなみに、ブックオフに売りに行ったりもしましたがほとんどお金になりません。

それを考慮すると如何にして本を買うと言う行動がお金がかかるかが分かりました。しかし、個人的に本は好きなので本屋ではなく図書館で借りることにしました。

図書館では2週間借りれることになります。最大で10冊まで借りれるのでコスパは非常に良いです

しかも、本屋によってはかなり揃っています。今日は本屋に行ったのですが、そこに昔見たことのある教師に似た人がいました。

昔は国語の先生をやっていたのと演劇部の先生だったと思いました。

確か街で雇った先生だったと思いました、昔は中学生の教師だったのですが図書館の先生に変わっていたようです。

名札を見たら先生の名前と一緒だったので、図書館の先生になったんだ~と思いましたね。

ちなみに、私の場合は顔は知っていますが、授業を受けたこともありません。

よって特に話すとかもなかったのですが、久しぶりに懐かしいと思いましたね

ちなみに、私は授業中は寝てばかりいました(汗。

というか、勉強があの頃は好きではありませんでした。今は結構、勉強好きな面もあります

人と言う物は価値観が変われば変わるものですね。