お肌への大敵「塩害」とは?

家族や、恋人と海辺を散歩した時、髪の毛がパリパリになったり、皮膚がヒリヒリとした経験はありませんか?それは紛れもなく潮風が含む塩のしわざです。塩分は私たちの生活にはなくてはならないものですが、これが、肌につくとトラブルを起こします。肌がデリケートで敏感肌の方は激しい運動をして汗をかくと必ずと言っていいほど肌が炎症を起こして赤くなってしまいます。また、涙を流した後に目じりがヒリヒリしたりということはないでしょうか?これは全て塩分によるお肌のトラブルです。ですからね健やかな肌を保ちたいのなら、汗や涙は出来るだけ早く、肌から取り去らなければならないのです。例えば、汗をかいたら水で濡らして絞ったコットンで塩分を払う。涙を流した後には目じり、目頭までふき取ることも大切です。こうしたこまめなケアを一年間意識して行った方は、汗をかきにくくなったうえ、肌のくすみや毛穴のトラブル、目のくまも解消したと喜んでおられました。ニキビ痕にはもちろんリプロスキンでケアしますが、日ごろからのこまめなお肌のケアが美肌を作り上げて行くのですね。リプロスキン