並行輸入車

「正規輸入車」とは別に、「並行輸入車」というものがあります。これを聞いて、偽物なの?という疑問を抱きますが、基本的に「並行輸入車」は偽物ではありません。

ちゃんとした自動車メーカーで作られた本物と言えます。では、「正規輸入車」とどこが違うのでしょうか?

それは、外国の自動車メーカーが、日本向けに作り、輸出したものではなく、商社や個人が輸入手続きを行って、日本に持ち込んだ車両のことです。
日本には「正規ディーラー」で売られている「正規輸入車」があるのに、なぜ「並行輸入車」も需要があるのでしょうか。

まず壱つは、価格の点です。「正規輸入車」は、日本仕様として、最初からさまざまな装備が標準で付いています。しかし、製造本国では、別売り扱いのものが多いです。必要な装備は、求める人によって違います。それを押し売りのように標準装備されてしまっては、価格も高くなってしまいます。

二つ目として、日本に無い車種を選べる点です。特にミッションに関して、マニュアルミッションで、車を操る楽しみを求めたい人にとって、ほとんどがオートマ車である「正規輸入車」では、マニュアルミッション車を選ぶことすら出来ないのが現状です。

「正規輸入車」では用意されていないグレードもあったりします。これらを求める人にとっては、「並行輸入」に頼るしかないのです。
ただ、アフターサービスや、部品供給について、「並行輸入車」にはフォローが少ないので、時間が掛かったり、余計な出費が必要だったりのデメリットも覚悟しなければなりません。
ゴルフ バッテリー